太うで闘病記

2015年1月27日 (火)

太うで闘病記33~入院生活に役に立ったもの~

太うで闘病記ももう終わり。

ということで、入院生活で役に立ったものを紹介します。

ただ、個人差があると思うので・・・。

5位 加湿器

病院はとても乾燥しているので、エコ加湿器を持っていきました。

気やすめだったかもしれませんが、なんとなくよかったような気がします。

音が気にならなければ携帯加湿器でもいいのかも…。

4位 ペン立て

記録など、書くことが多かったので、ペン立てが意外と役に立ちました。

手の届く範囲にペン立てがあるととても楽ちんなんですよね。

組み立て式の紙のペン立てを持っていきました。

3位 S字フック

荷物をひっかけるのにとても便利。

ビニール袋をひっかけることによって、洗濯物なども簡単に保管することができるんです。

2位 パジャマ

パジャマはとても大事。

ワンピースタイプがいいと書かれているサイトもありましたが、

個人的にはパジャマが便利でした。

少なくても3着必要です。タオルはもっと少なくてもいいですが…。

そして、1位は…。

化繊の風呂敷です。

え、えぇそうですよ。化繊の風呂敷。

高級お弁当にくるまれているようなポリ系繊維の風呂敷です。

これの使い道は、もちろん洗濯物をくるむもよし、

そして、乾燥機に入れると飛躍的に乾燥時間が短くなる!・・・気がします。

なんと約半分!(みもっち調べ)

風呂敷だと縮んでも気にならないし、後半はずっと乾燥機に入れて使っていました。

一回だまされたと思って使ってみて!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年1月24日 (土)

太うで闘病記32~手術で変わったこと~

さて、無事に退院し、療養期間もかなり経過してきました。

そろそろこの闘病記もおしまい・・・に近づいてきたのですが。

この闘病記…よく考えてみれば、下垂体腺腫についてまったく書いていませんでした。

ソウダツタ!wobbly

そんなわけで、下垂体腺腫について書こうと思います。

  • 頭痛

下垂体腺腫自体は、自覚症状がないようなのですが、下垂体卒中になると

激痛が起こるそうなのです。

それは、くも膜下出血と間違えるほど…。

よくバットで殴られたというけれども、バットで殴られるのとは違うかな…

ケイケンアルンカイ!sad

食事もできず、薬も効かず、できるのは寝込むだけ・・・という感じでした。

寝込んだら、少し頭痛は収まって、自力で病院に行けましたが、

でも、くも膜下出血なら、危険だった…。

そんな頭痛の時にはすぐに病院に行くことが大事だと思いました。

ここ、1年半ぐらい頭痛に悩まされていました。

でも、残念ながら、「老化」と思い込んでいたんですよね。

朝、起きて目(本当は頭)が痛い。

「老化か…」

時折起きる、手のしびれ。

「老化か…」

疲れやすい・・・。

「老化か…」

いや、すごく使いやすいワードですよね。「老化」って。

でも、病気が潜んでいるんだって、今回よくわかりましたよ。

そして、頭痛は手術が終わったら嘘のようになくなる…

わけではなかったです。

手術後も、頭をしばらく冷やしてもらっていましたし、

寝る時も頭をあげて寝ていました。

先生には下垂体卒中の後遺症が残るとは言われました。

きっと我慢していた分だけ、後遺症も残ってしまうんでしょうね。

でも、毎朝の目の痛みが時々になったり、

頭痛の頻度が減ってきているのをみると、手術でよくなったな~と思います。

  • 視力低下

これは、明らかに12月の激痛から悪化しました。

それも、はじめはブログに書いていたように上の視野が見えていないだけ

だと感じていましたが、

だんだん、日が経つにつれ、

仕事で使っているパソコンの画面の解像度を下げ、

携帯のメールの文字を大きくし・・・と

視力が悪化していっていました。

衝撃的だったのは入院直前。

コンビニそばを歩いていた時です。

20150123001

なんだ。縮んだロゴの看板を掲げるようになったのかな~

と思い近づくと・・・。

20150123002

なんと、看板の電球の交換をしていたのです。

遠近法が失敗した絵のように見えていたわけですね。

手術後、もちろん視野はほぼ元に戻ったと思います。

・・・こんなに良く見えるものだったんだね。

20150123003


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月13日 (火)

太うで闘病記31~パパンとの思ひで2~

「ここは空気が悪い!」としきりにいっていたパパン。

そうだよね。空気のきれいな実家に比べればとんでもなく空気が悪いので…。

パパンは空気清浄機を買ってきてくれました。

まだ、病院にいたワタシに電話で、どの空気清浄機がいいのかを聞いてきてくれました。

「おそらく、シャープパナソニックダイキンのどれかがいいと思うんだよ。」

と、いうパパン。

20150113004

「まず、シャープは…パパンもシャープの空気清浄機を持っているんだけど、

 プラズマクラスターで、周りを包み込んで無害化するらしいんだよな。」

うんうん。なるほどなるほど。

「次に、パナソニックナノイーが同じような性能を持っているらしいんだよな。

 イオンで無害化して、空気をきれいにするらしいんだ。

 ……プラズマクラスターはシャープだけ。」

・・・えっ!パパン????

「あっ、これはシャープのパンフレットか。」

そうでしょう。そうでしょう?それで、ダイキンは?

ダイキンは空気そのものをきれいにするらしいんだよな。

 …それで、プラズマクラスターはシャープだけ!」

エツ???coldsweats02

「あっ、これもシャープのパンフレットか。なんか、シャープのパンフレットばっかりだな。」

「ええと、ダイキンはこれか…プラズマクラスターはシャープだけ!」

「…プラズマクラスターはシャープだけ!」

・・・・・。

結局、

20150113001シャープの空気清浄機になったのでした。

…なんていうか、他の空気清浄機の機能が全然頭に入ってこなかった…。

ダロウネgawk

| | コメント (0) | トラックバック (0)

太うで闘病記30~パパンとの思ひで1~

おかげさまで、退院しましたが、療養生活はもう少し…。

ということで、パパンとの思い出を書こうと思います。

パパンは、いわゆる団塊の世代のちょっと上。

この世代の人は、今の社会システムを作り上げた人たちで、

ワタシたちのように、社会システムを使いこなすだけの世代とは違います。

システムを要領よく使えさえすればよい、ではなく

そのシステムをしっかり理解しておきたいという人たちで…。

20150113002

東京の公共交通システムもしっかり理解しようとするのです。

いやいや、この短期間であの複雑なシステムを完璧に理解するのは難しいですって!

しかも、誰かを巻き込みがちなのです…。

――あ、あのさパパン。地図を買ってきたほうがいいと思うよ。

「おおっ!そうか。そのほうがしっかり理解できるな。」

でしょ、でしょ?

これで、解放…

20150113003

されませんでした。

…逆効果だったか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月10日 (土)

太うで闘病記29~別れの時~

入院生活も15日でようやく終わりを告げました。

脳神経外科では15日間の入院生活は結構長いようで、

すっかり古株になってしまいました。

201501010001
みもっち、牢名主ならぬ入院名主を気取るの図。

でも、病院の皆さんのおかげで、無事問題なく退院ができました。

心配していた尿崩症も、ホルモンバランスも問題がないようで、

薬も飲み切れば問題がないとのこと。

しかし、手術の後の体力の落ち込みは深刻で、まったく数日間は動けませんでした。

そんな時にも、パパンはいろいろ手伝ってくれました。

が、

残念ながら、パパンともお別れのときが・・・。

20150110001

パパン、お世話になりました。

「何か困ったことがあったら、すぐに電話して。駆けつけるからな!

パパン~。ありがとう。

…。

うん?パパンからメール?

「みもっちちゃん!カギを持ってきちゃった!!!」

20150110002


パパン。…来てもらおうかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月 6日 (火)

太うで闘病記28~衝撃、隣のおばあさん~

さて、入院が年末年始にかかってしまったみもっち。

一緒に過ごす家族もいないし、いいんです。

マタ、ギヤクギレ・・・wobbly

それに・・・。

20150106001_3


みんな、退院してくれたおかげで4人部屋なのにワタシ一人。

はあ~。天国だわ~

そんな時、隣におばあさんが救急外来で入院してきました。

まあ、そんなわがままを言っているわけにはいかないし…。

しかし、このおばあさんなかなかの曲者で…。

昼間は寝てばっかりなのですが、夜になると目が覚めるらしく…。

20150106002

ブーブーブッ

・・・ん?ナースコール?

ガチャガチャガチャ

「どうしましたー?」

「トイレなの。あら、あなた夜中じゅうずっと?」

「いいえ、交代で仮眠をとりますから。」

「大変ね~夜にごめんなさいね。」

「いいんですよ。」

「悪いわねー。」

・・・コエガオオキイ!sad

・・・ふうこれで眠れるかな…。

・・・・

ブーブーブッ

「どうしましたー?」

「トイレなの。あら、あなた夜一人なの?」

「いいえ、夜勤が3人いますから。」

「大変ね~夜にごめんなさいね。悪いわねー。」

…今、何時なの?

・・・げっ!!12時前…。

これは…大変だぞ。

と、いうことが1時間15分ごとに発生したのでした。

ネレナイ!crying

しかも、寝入りの速さはのび太の昼寝といい勝負。

ウラヤマシイweep

しまいには、意味もないのにナースコールを押して、

「意味がないときには押さないでください!」

と何度も看護師さんに怒られていました。

さらに…。

20150106003

このおばあさん。起きているときはとにかく歯ぎしりをするらしく、その音は

昼間通路を歩いている看護婦さんの耳にも聞こえるほど…。

20150106005

ベッド柵を勝手にいじり、その柵が落ちないように押さえている紐を

20150106004_2

振り回し…

ネレナイ!crying

しかし、そんなおばあさんは、どこも異常がなかったそうで、3日程度で退院しました。

退院の日…。隣からおばあさんの子どもの声が。

「あら、ゆっくり眠れた?ここは静かだからね~。よかったね~。」

・・・いかん、殺意が。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月 5日 (月)

太うで闘病記27~測定生活~

さて、手術が終わった後、大変だったのは

とにかく何でも測定すること。

血糖値測定はつらかった…。

ハリで血を少し出してとるんですけど…。

イタイwobbly

年明けまで続きました。

それから、まだまだ続いているもの。

それは、重さをはかること。

尿崩症などのように、出ていくものと入るもののバランスが取れているかを調べるために

なんでも、測られてしまいます。

体重はもちろんのこと。

オモクテビツクリ!wobbly

食べる量もしっかり測られるので、こっそり食べるのは…

ダメwobbly

飲む量は表に書いていきます。

20150105001


そしてそして、入る量ならもちろん出る量も。

小はもちろん…大も。

ツライwobbly

フランスの王様もこんな気分だったのだろうか…。

いやいや、看護婦さんはもっとつらいだろう!と自分で言い聞かせつつ

入院生活を過ごしています。

20150105002

みもっち、自分で尿比重を見ているの図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月 4日 (日)

太うで闘病記26~パパンダウン~

一日ずつよくなっていくみもっち。

しかし、

一方で…。

20150104002

パパンの疲れはピークに達していたのでした。

無理しなくてもいいよ。といっても、

毎日来ることをやめないパパン…。

「みもっちちゃんの部屋で、一日寝れば大丈夫!」

い、いやいや

いやいやいやいや

あの部屋は、いったん風邪をひくと、ひと月は治らないいわくつきの部屋で…。

だから、空気清浄機が必要だっていう…。

「大丈夫大丈夫!」

…そして翌日…。

20150103004_2

みもっちちゃん・・・。あの部屋は呪われている…。

だから言ったのに…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

太うで闘病記25~手術のその後~

ICUは翌日9時半に車椅子で戻ることができました。

クララwobbly

無事に一般病棟に戻ってこれたものの、まだ手術前には程遠い…。

まず、手術後はもちろんトイレの管がついているのですが、

おしっこが止まらない…。

尿崩症というそうなのですが、

止まらない尿をどうするかというと、筋肉注射で止めます。

これがめちゃくちゃ痛かった…。

また、頭が痛い…。

どうしてか、というと

頭がコブ&かさぶただらけになっていたのでした。

キヤーwobbly

頭を押さえられていたからね…。

そこで、頭を冷やしてもらいました。

そして一番つらかったのはこれ。

20150104001

当然ながら、鼻の手術だったので鼻で息ができない。

口の中がかぴかぴになってしまったのでした。

ドライマウス!sad

夜中じゅう、看護婦さんがバタバタ出入りしたので同室の人には、ご迷惑をかけてしまったと思います。

でも手術後3日後には鼻のテープと点滴が外れ、

筋肉注射を打たれるというプレッシャーからか尿崩症は4日ぐらいで収まり、

5日後には管がすべてとれたのでした。

一日ごとよくなっていると感じます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月 3日 (土)

太うで闘病記24~初めての一夜~

ICUの記憶は、結構曖昧だという人もいるそうですが、

ワタシはわりかしはっきりしていました。

ただ、とにかく体がだるくて辛くて、

はじめは光も音もうっとうしい感じでした。

とにかく寝てごまかそうとしていました。

とはいえ、判断能力は大分衰えていたようで、

「みもっちさん。個室に移りますよ。」

と、言われた時は病室の個室だと勘違いし、

差額ベッド代金が支払えないかも…!とぐるぐるしていました。

いや、パパンに聞いてみないとなんとも…。

「大丈夫です。ICUの個室なので料金は変わりませんよ。」

と看護婦さん。

スミマセンcrying

「今日は何日ですか?」と聞かれ、頭がガンガンしながら何とか

「12月26日」と答えます。

この時、実はちょっとドキドキしていました。実は翌日になっているんじゃないかって…。

でも、ちゃんと当日の夕方でした。

ICUには限られたものしか持ってこれません。

乾燥するので、化粧品を・・・。

なんて持ち込もうとして、看護婦さんにたしなめられましたが、確かにそう。

そんな余裕はありませんでした。

酸素マスクからの酸素を吸って、注射を打たれて、血圧を上げてもらって…。

そんなこんなで、生まれて初めてのICUの夜が更けていったのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧