じいちゃんの残した原野を行く

2015年9月14日 (月)

じいちゃんの残した原野を行く~11:旧函館区公会堂~




次に向かったのは、北海道庁函館支庁庁舎。

うん?函館支庁?渡島支庁だよね…。

函館支庁の時期もあったようです。

そして、今は振興局に変わったんですね…知らなかった。

Fh0000052

今は函館市写真歴史館になっています。

古いカメラが展示されています。

持っているカメラの同型機(M-1)もありました。

2階には行かずに、さらに坂の上を登っていくと…。

Fh0000102
旧函館区公会堂がありました。
ん?函館区…やっぱり函館区の時期もあったようです。

でも、一番見晴らしの良いところに芸術の起点となる公会堂があったなんて…。

それも、旧支庁庁舎に比べ物になりません!

それに比べ札幌は、旧道庁はすごいけれども、

旧函館区公会堂と豊平館とを比べると…ううん。

北海道随一の都市である函館市民の誇りを見るような気がします。

Fh000016

なかも、ゴージャス!

Fh0000192
調度品も立派。

でも、見学場所として割り切って、置くものを減らしたほうがいいような気もしますが。

Fh000018


もう、一か所回りましたが

0912001_3


と、いうわけでおしまい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月13日 (日)

じいちゃんの残した原野を行く~10:エゲレス~

さて、そんなこんなでたどり着いたイギリス領事館。

Fh000017blog


シンプルで洋風なデザインにイギリスらしさを感じます。

Fh000024b

この建物は、大正時代の建物。

今でも、洋館として十分機能しそうですね。

当時、イギリスは今のアメリカのように最も豊かで強大な国でした。

その資力を感じることができます。

坂の上から、港を眺めていたのでしょうね。

Fh000027b


こんなふうに。

そのため、日本では函館以外にイギリス領事館よりも

坂の上に民家がなかったそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月12日 (土)

じいちゃんの残した原野を行く~9:ワスレモノ~

さて、朝から函館見物です。

坂道で移動が大変なので、どこかの駐車場に車を止めて

観光することにしました。

そしてその場所は・・・。

Fh000002_1


基坂に定めることにしました。

基坂は地図の起点になった坂で、官庁街があったところです。

道の広さに当時の往来がしのばれます。

まず行ったのは、旧イギリス領事館。

Fh000015blog

ところが、またついたのは開館前でした。

なんだよ。もう数分前なんだから入れてくれたったいいのに。」

とパパンは不満そう。

いいじゃないパパン、職員の人が申し訳ない顔でこちらをチラチラ見ているよ~。

そんなことより、前で写真を撮ろうよ。

よし!パパンもとるぞ!shine・・・あれ

(イヤナヨカンthink

「パパン、ケータイをホテルに忘れてしまった!

(エエエエエエエcoldsweats02

ちょうどそのころ

「どうぞ入ってください~」

す、すみません。後でまた来ます・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月10日 (木)

じいちゃんの残した原野を行く~8:カフェ~

函館は坂の多い街です。

ロープウェイはなぜか山の中腹にあるのでそこまで行くのも大変です。

パパンにはきつかったようで、心が折れそうになっていました。

しかも、函館はカフェが多い街でもあります。

ロープウェイに向かう途中で、おしゃれなカフェがありました。

パパン、ロープウェイを見に行ったらコーヒーを飲もう。

ワタシがおごるから♪

090808001
パパン、それを聞いて喜び勇んでロープウェイまで上がっていきました。

そして、中国人に間違えられつつ、その帰り道。

コーヒーおごってもらえると、楽しみにしているパパン。

しかし・・・

090808002

お店は閉まっていました。

地方都市の夜は早い…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月 9日 (水)

じいちゃんの残した原野を行く~7:インバウンド~

さて、函館山に行ってきました。

Dsc_0529
小学校の修学旅行に来て以来です。

でも、小学校の時に比べたら、寂しくなったような…。

090607001

でも、観光客は増えていました。

そのほとんども海外の観光客です。

「ロープウェイ乗り場は下の階です~」

090607002_2


でも、お姉さんはお父さんを見て言い直した。

ツァイロウ…

(チユウゴクゴ!!coldsweats02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月 8日 (火)

じいちゃんの残した原野を行く~6ヤンサン~

夕食は函館で有名なファストフードショップで食事をしました。

最初に注文をするスタイルです。

でも、初めてなのでドキドキします。

えーと・・・。

「Take out or here?」

090606001

えっ?

と、不思議そうな顔をしたけど、店員のおばちゃんはたじろかない。

ああ、最近インバウンドの観光客が増えているから、店員さんも外国人なのかしら…。

えーと、「ひあ」

(コタエルンカイ!coldsweats02

でも、店員さんの名札を見ると日本人らしいんですけど・・・。

まあ、いいやこれを二つとこれを一つ。

「名前を教えてください。」

ああ、番号ではなく名前を聞くシステムですか。

えーと名前は・・・。

「はい、ヤンさんですね。」

違いますっ!!

・・・どうやら外国人と間違えられたらしい。

(ヤツパリcoldsweats02)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月 7日 (月)

じいちゃんの残した原野を行く~5:アブハチ~

何とか、じいちゃんの土地にたどり着きました。

・・・というか。

Dsc_0510


どこがどこなんだかさっぱり・・・。

やっぱり、公図を確認しておけばよかったな…。

「とりあえず、道の奥に行ってみようか。」とパパン。

道の奥に行ってみると。

朽ちた建物に、雑然と手入れされた畑。

前には大量のペットボトルの残骸が貯められて置かれていた。

こんな私でもなんとなくわかる。

何かがやばい…と。

そこで、また戻ってきてしばらく写真を撮っていると…。

090505001


きゃぁあああああ!!

アブ?ハチ?がっ!!

「任せておけ!パパンが追い出す!」

パパンshineカッコイイup

「よしっ!一匹逃がしたぞ!」

090505002


いやぁぁぁぁぁ!増えてるっ!

どうしたらっ!どうしたらいいんだ!!

よし。閉めよう。

090505003_2

「コラッ!追い出しているんだから閉めるんじゃない!」

パパンに怒られた…。

でも、これだと、増えていく一方・・・。

これはおそらくこのハチのテリトリーに入っていると思うので…。

よし、ハチがいないところまで扉を開けたまま走らせよう!!

ということで、逃げてきたのでした…。

今は、ハチに不法占有されていることが分かっただけで大きな収穫

・・・なのだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月 6日 (日)

じいちゃんの残した原野を行く~4:イネムリ~

さて、無事にループを抜け抜け道へ。

カーブの多い道です。

酔いますが、ここはGoogle Mapに頼りつつ、道案内をしていきます。

090503001
すると妹が何かに気づいた。

きゃあああ。パパンの目がガチャピンみたいにっ!

 ねむいのっ?眠いんなら、代わるよ。」

「いやいや、大丈夫だよ。」

「お姉ちゃん!何か話しかけてよっ!」

・・・。

・・・・・・・。

「また!パパン目がガチャピンになってる!!

 お姉ちゃん!ずるいよ後ろの席だからって!」

いやいや、お姉ちゃんはタブレットに夢中だから。

このやり取りは、高速道路に入って出るまで繰りかえされたのでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年9月 5日 (土)

じいちゃんの残した原野を行く~その3:マヨウ~

おじいちゃんの残した土地は、道南にある。

結構遠くにあるので、行くのも一苦労。

今回は、パパンと妹と私でその場所に行くことになりました。

そして、留守番の兄から抜け道の情報を聞いたのでした。

兄「国道からスーパーで曲がる。

 そしてインターを抜けると、ガソリンスタンドがあるからそこをまがって、

 そうすると学校が見えてからコンビニが見えるからそこで曲がる。

 するとトンネルが見えてくるから。」

パパン「おおっ!そこなら友達が住んでいるところだから、大丈夫大丈夫!」

090101004
妹「パパン?本当に大丈夫?」

パパン「マッカセナサーイ♪」

ということで、一路抜け道へ。。。

パパン「あっ、スーパーだ。ここか。曲がるぞ!

 インターはあったか?!」

うーん、なかったように思うけど、高速道路は抜けたよね。

パパン「そうかそうか。ガソリンスタンド…はないな。

 ちゃんと周りを見てくれよ!」

090101003_2

パパン「学校がある!よし、ここを曲がるぞ!」

・・・。

・・・・・・。

・・・・・・・・。

いや、コンビニがみつからない。と、いうよりも。

パパン「そもそもコンビニがあるほど大きいように思えない。」

妹「確かに。」

ううーん。

090101003_3

あっ!戻ってきた!!!

なんだ、この感じ・・・。

パパン「もう一度行くぞ!なんとかトンネルを探さないと!」

090101003_4

戻ってきた・・・。

どうしたらいいんだぁ!助けてっGoogleせんせいっ!

うん…?Googleでみると、ここから道がないように思うんだけど…。

ひょっとして、この先?

国道から曲がる所間違えた???

パパン「そうだそうだ!」

ということで、正しい道に戻ったのでした。

うーん、危うかった。あのままトンネルを見つけてしまったら

それはそれでホラーゲームのような展開になるところだった…。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年9月 4日 (金)

じいちゃんの残した原野を行く~その2:ハカマイリ~

先祖の遺産というのは、なんとなくロマンのある話だ。

例えば、埋蔵金とかはよくありがち。

パパンもひいじいちゃんから、埋蔵金の話を聞いたらしい。

でも、肝心の地図は火事で燃えてしまい

それを知っているひいじいちゃんもいなくなったから永遠に謎のままなのだろう。

さて、今回はじいちゃんが残した土地の話。

じいちゃんが生前に購入をしてそのままになっている原野。

その土地をパパンが相続したということで、見に行こうという話になりました。

まずは、お墓参りから。

090101001

うん?何かおなかに・・・

090101002
ひいいいっ!!!バッタがっ!

しかも大量にっ!!

逃げるようにその場を後にしたのでした。

先行き不安な旅の始まりです…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)