グルメ・クッキング

2015年11月14日 (土)

病の名前はまだない

お医者さんに言われました。

「名前が付いたら、大変だよ。」

なので今のところは、

すい臓の弱い人

です。

しかし、それはそれで大変で…。

先日外食する機会があり、ちょうどタブレットを忘れたので

どれが脂質が高いのかわからない。

ということで、

1114001

サンドイッチをチョイス。

(ナゼソレヲエランダ!coldsweats02

しかも、アボカドだと思い込んでいた中にはポテトサラダが…。

後で調べると脂質は12グラム

(ヒエーツcrying

半分ほどでやめたのですが…。

やっぱり、ダウンしてしまいました。

1114002

やっぱり、脂質をとるのが一番危険…なんですね。

おかげで、家族も驚くダイエットにはなっておりますが、

なにせ、今まで好きな料理がロシア料理フランス料理など

こってりなものが好きだっただけに、

毎日の料理に四苦八苦です。

追記:

そもそもアボカドがダメということが発覚…。

もう、アボカドサンド食べられないじゃん!

(コンポンテキナモンダイ・・・gawk

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月13日 (金)

情けは人のためならず1

皆さんに、大量に配りまくった食材。
 
しかし、さっそくお返しがやって来ました。
南米のポピュラー缶詰め『パコフィッシュ』。
イワシのトマト煮です。
脂質が少ないからと持ってきてくれました。
片口鰯かと思ったらマイワシでした。
白菜と長ネギと大豆を入れて、
冬野菜のラタトゥイユ完成です。
オリーブオイルも入っていないのでヘルシーです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月11日 (水)

言いつけは一応守ってみる

以前は
でーん!
と、こんなものばかりを食べていたワタクシですが
と、まあ心を入れ換えております。
今は、これすらも残してしまうような状態なので苦痛ではないのですが、
食欲が戻ったとき心配なのです…。
 
さて、とはいえ毎日和食は飽きるので、洋食なども作ったりしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月19日 (土)

シャトーラギオールくんの、獲物たち

シャトーラギオールくんの、獲物たち
さて。久しぶりに、フランスワイン以外を飲みました。
イタリア白ワインです。
すっきりとした飲み口で、ジャンクなものなんかでもよく合います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月21日 (日)

九州パンケーキ

さて、今日は宮崎(空港)土産である

Dsc02255

九州パンケーキでパンケーキを作りました。

九州産の原材料にこだわったパンケーキ。

Dsc02256

ブルーベリーと生クリームを添えました。

ブルーベリーと生クリームの相性は神♪

パンケーキは甘さ控えめの素朴な味わい。

ホットケーキではないものね。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年9月19日 (水)

高岡紅茶

紅茶を久しぶりに買ってみました

Dsc02244

高岡製糸場で有名なだけに、水は豊富にあったようですが、

なぜかお茶はうまくいかなかったようです。

そのため、紅茶を作り始めたところこれはうまくいったとのこと。

早速香りをかいでみます。

結構苦みのある香り。

でもお湯に入れると軽減されました。

アッサム系なので、ミルクティーが合います。

日本は紅茶の産地として向いていないようですが、

でも、これだけ紅茶人口も増えているので頑張ってほしい。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月17日 (月)

とらやの「蒼ノ調べ」

フェルメール展で特別に販売されていた

とらやの「蒼ノ調べ」です

すごくおいしかったです。限定なのがもったいない。。。

羊羹は日持ちがするので、2年は持つそうです。

1本保存食として買っておこうかな…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月21日 (火)

スパニッシュオムレツ

今、石井好子さんの『巴里の空の下オムレツのにおいは流れる』を読んでいます。

フランス料理のレシピがところどころに出ていて

早速スパニッシュオムレツを作ってみました。

Dsc02235

薄切りの玉ねぎを炒めて、ピーマンとハムも炒める。

そしてトマトも炒めます。塩コショウで味を調えます。

そのように作ったトマトソースをオムレツにかけて食べます。

ちょっとトマトの味が強かったので、ウスターソースを足しても良いのかも。

本場のスペイン風オムレツはジャガイモやトマトをオムレツの中に入れるので

きっとフランスでの呼び名なのだと思う。

読んでいるうちに、母の作ってくれた料理を思い出した。

祖父母と同居をしていたし、しばしば親戚も近くに住んでいたから

誕生日とか特別な日にみんなを呼んで食事をすることがあった。

その時はたいがい手巻き寿司が置いてあった。

酢飯ではなく、普通のご飯を海苔にのせ、豪快に切り分けられた具を

さらにのせて食べる。

その横にはいつもそれぞれの家庭が

オードブルをそれぞれ持ち寄っているのだけど

母はいつも、フルーツサラダとザンギを持って行っていた。

フルーツサラダとは、ポテトサラダの中にリンゴの薄切りやミカンが入っているもので

子どものときは苦手なものだったのだけれども

今になってみると無性に懐かしい。

ザンギとは北海道のから揚げのこと。

一晩、ニンニクやしょうゆなどのたれに漬け込んで

片栗粉をまぶして揚げていた。

そうするとカリカリに揚がる。

すぐ焦げてしまうので、低い温度でじっくりあげなければならないのだけど

これはおいしかった。

今は、料理の準備がめんどくさかったりで外で食事をすることが

ほとんどになってしまったけど、

思い返すときに、その時のほうがよっぽど上等なものを食べたような

気になってしまうのはどうしてなんだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月18日 (土)

シャトーラギオール君の獲物たち レ・タンヌ オクシタン

今日は レ・タンヌ オクシタンを開けてみました。
ランドック地方のシャルドネです。

undefined
さわやかな青い香りですが、口に含むと
チーズに似た豊潤な香りが広がります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 7日 (土)

くさがゆ

今日は1月7日

七草がゆの日です。

おせち料理に疲れた胃腸を休ませるのが本来の目的なのだそうですが、

煮物がほとんどのおせち料理よりもいつもの洋食のほうが

胃腸を疲れさせていると思うのはオイラだけでしょうか…。

ま、それはともかくおかゆを作ることにしました。

しかし、一人暮らしだとお粥も難しい…。

一人で七草粥を買ってしまうと葉っぱばかりになってしまうので、

残っている葉っぱを使うことにしました。

うーん。冷蔵庫に残っているのは

ほうれんそうに、大葉に、セロリの葉か…。

お米を4分の1カップを2カップのお水で

最初はふたをしないで強火で

煮立ったら蓋をずらしてして弱火で30分煮込みます。

火が通ったら下ゆでして、2センチに切ったほうれんそうを入れて

醤油と塩で味を調えて

最後に刻んだセロリと大葉、それから白ゴマをかけます。

Dsc02210

できあがり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧