’07旅の冬の陣

2007年3月 6日 (火)

’07冬の陣~お初なポンピドゥーセンター~

P1050738 市役所前です。

前の広場では

なにか、催し物が・・・。

しかし、そんな催し物には目もくれず

そして、サントシャペルすら目もくれず

P1050739 ずんずんと、ある場所に

向かっていきました。

初めてパリに行ったときから

行きたかった場所。ポンピドゥーセンターです。

P1050740

たしかに、ポンピドゥーセンターは

何度か前まで来たのですが

ここに入っている国立近代美術館

には、ずっと行けずじまいだったのです。

ここにある、カンディンスキーの絵が好きで

札幌の芸術の森に来たときには2回も見に行ってしまいました。

んが。今回も

P1050743 長蛇の行列が行く手を阻みます。

しかし、今回こそ諦めるわけには

いきません。

だって、そのために、サントシャペルも諦めて

ここまでやってきたのですから・・・。

ようやく、行列の先にあったセキュリティーチェック

(しかも、随分いい加減な・・・)を通り抜け、

チケットを買うまでに右往左往した後

ようやく国立近代美術館へ!!

P1050745 エレベーターで、

上へ上へと向かいます。

このエレベーターから

見える景色もなかなかステキです。

P1050747 こんなかんじです。

中から見ると、

パリの街並みは

なんだか精巧なミニチュアのようです。

P1050744 ふう。ようやく

ここまでたどり着きました。

ここの景色だけでも、

観る価値はありそうです。

しかし!!残念ながら、楽しみにしていた

カンディンスキーの絵は観られずじまい。

そう、国立近代美術館の絵

東京の新国立美術館の企画展として

来ていたのです。・・・くわっ。

P1050749  しかし、現代美術は

展示されていました。

でも、ニューヨークや

バルセロナでも思いましたが、

家族連れで現代美術を観に来るなんて

日本だとあまりないですよね。

現代美術というだけで敬遠する人が

多いのではないのでしょうか。

・・・ひょっとしてオイラがイナカモノなだけ??

P1050751_1 展示を見終わったときには

すっかり日ぐれておりました。

夜景がぽつりぽつりと、

風景すら、絵になってしまうんですね。

P1050752 サクレ・クール寺院方向です。

残念ながら、エッフェル塔

とは違って、360度をぐるりとは

見えないのですが、それでもいろいろな

観光名所を見る事が出来ます。

P1050753

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年3月 5日 (月)

’07冬の陣

P1040736 泊まっていたホテルです。

急に、旅行を決めて選んだ割には

安くて広くて良い部屋でした。

パリのビジネスホテルといったカンジです。

水回りはイマイチでしたが、それはヨーロッパの

ホテルはどこでも言えるので・・・。

P1040715 一番、ユーロが高かったにも

関わらず、結局

大量に購入してしまいました。

おみやげもしっかり購入したところで、

いよいよ、帰る日が近づいてきました・・・。

P1040725 エッフェル塔に行ってきました。

残念ながら雨でしたが、

さすがエッフェル塔。

どんな撮り方をしても絵になります。

でも、雨だったので散歩は諦めて

ラファイエット・デパートに行ってきました。

P1040730 いやはや、やはり

ラファイエット・デパート

のクリスマスツリーは

すごいです。

7年前にフランスに来たときも感動しましたが、

今回もやはり感動してしまいました。

P1040731 もう少し後には

バーゲンが始まるのですが、

残念ながらそのときまでは

いられませんでした。

でも、こんなにユーロが高かったら、

バーゲンどころではなかったのでした。

P1040733 帰り道で

クレープを食べました。

とってももちもちしていて

おいしかったです。

でも、いよいよ帰国の日が近づいてきています。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月 4日 (日)

’07冬の陣

モスクから出た後、バスに乗り込み、シテ島へ。

シテ島のお店巡りをした後、近くのカフェで食事をしました。

こんなノンベンタラリと出来るのも

旅の醍醐味、ですよねぇ。

P1030707 クロック・マダムを注文しました。

クロック・マダムとは、

クロック・ムッシューに

目玉焼きをトッピングされたものです。

クロック・ムッシューと値段が一緒なんですけど、

ちょっとお得感を感じて注文してしまいました。

それから、

P1030706 ここでは、フランスのカフェでは珍しく

紅茶の銘柄を選べたので

紅茶を注文しました。

フランスのカフェって普通に紅茶を頼むと

ティーバックとお湯が出てきます。

日本の喫茶店のほうがフランスのカフェより

紅茶の出し方にこだわりを感じます。

やっぱり、日本はお茶文化なのでしょうね。

その後、カフェで出してくれた紅茶のお店である

マリアージュ・フレールへ。

すっごい人混みでした。

日本人観光客やフランスのマダムなど。

マリアージュ・フレールは東洋のお茶も

味に取り入れているらしく、

茶器も鉄瓶などが売られていました。

・・・あまり、日本では珍しくないですが。

P1030709 そのあと、ノートル・ダム大聖堂へ。

いやはやすごい人混みで

全然、建物の中にも入れませんでした。

今までの中で一番混んでいました。

うーん、映画の影響もあるのでしょうか。。。

ノートル・ダム大聖堂まえにあったツリーです。

シンプルですが、きれいです。

P1030714 また、カフェへ。

(タベテバツカリ・・・)

ガイドブックにも載っているカフェ

だけあって、すごい人でした。

フランスのカフェで初めて相席になりましたし。

やっぱり、混んでいる場所は混んでいるのですね・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年2月13日 (火)

’07冬の陣~気分はエトランジェ~

P1030693 旅行前から行ってみたかった

モスクに行ってマイリマシタ。

パリ市内でもちょっと

雰囲気が違うなと感じました。

P1030696 日本にはモスクが

ないので初体験!

でしたが、

不思議と懐かしいような気も。。。

モザイク模様がとてもきれいでした。P1030697

イスラム寺院を象徴している

塔もひときわ目立つ存在です。

でも、意外とパリの街に

収まっているのが不思議です。

P1030698 精巧な幾何学模様の壁も

とってもきれいです。

是非、中東にある

大きなモスクにも行ってみたいけど

難しいかなぁ・・・。

P1030701 中庭はこんなカンジ。

作りはキリスト教会と共通点が

多いと思うのですが、

受ける印象は全然違います。

P1030702 色の配色が

宗教によって

異なっているのは

面白いです。

見学の後、P1030703

モスクのカフェで

一休み。

カフェの中には雀が出たり入ったり。

しかも、日本の雀と違って

結構人なつっこいです。

P1030704 ここで、ミントティーを

頼みました。

・・・・ミントがごっそり。。。

甘いミントティーです。

モロッコでは暑い日に飲むというのですが・・・。

「愛・地球博」で飲んだときの方がおいしかったかも。。。

あの日は暑かったからなぁ・・・。

P1030705 モロッコにも

いつか行ってみたい。

そんな事を考えた

ひとときなのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月11日 (日)

’07冬の陣~ムフタール市場~

  ムフタール市場に行ってきました。

P1030681 が、残念ながら、

朝早すぎたようで

どこも閉まっていました。

残念・・・。

P1030682 街の雰囲気を

感じ取る事は出来ました。

でも、市場が開催

している時間はもう少し、喧噪に

包まれるのでしょうね。

P1030683 ムスタール通りは

緩やかな坂道が

続く通りでした。

P1030684 そして、日本食

レストランがここにも!!

パリでは本当に

日本食ブームなのです。

P1030686

クリスマスシーズン

だったので、

やはり、ここにも

クリスマスデコレーション

が。夜になるときれいでしょうね。

P1030689 入り口にも

このようなきれいな

飾り付けが。

P1030687 お店の中から、

ネコが外を

のぞいていました。

P1030690

通りの終わりには

このような子供のための

乗り物が。

・・・デモ、コレワ・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月30日 (火)

’07冬の陣~甘い旅路~

P1030671 フランスは洋菓子の本場!

ということで、洋菓子の

ディスプレーもなかなか

すばらしいデス♪

ぜひ、イースターのときも来てみたいデスね。

P1030672 日本のお菓子よりも

甘いですが、

飾り付けはとても

きれいです。

P1030673お店の前で親子が

見ていました。

写真を撮ったら、

なぜかカメラ目線。。。

P1030676  紅茶のお店の

フォーションの

お菓子のデコレーションです。

とてもかわいいですが、700ユーロって・・・。

P1030677 どこの国にでも

マックとコーラは

ありますね。。。

でも、ちょっとぬるかった。。。

P1030678アイスクリームです。

イタリアのアイスよりも

あっさりしていると思います。

とっても、おいし

かったです。

P1030679

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月26日 (金)

’07冬の陣~いもグラタン~

P1020665 ヴォ・ル・ヴィコント城は

とても良かったです。

ただ、街から少し

離れているので

移動がちょっと大変でした。

P1020668 ムラン駅に戻ってきてから

近くのブラッスリーで

食事をしました。

コースを頼むと、グラタンとステーキ。

P1020669 ちょっと、量が多い・・・。

でも、グラタンはとても

おいしかったです。

グラタンはジャガイモの厚切りを敷き詰めて

上にチーズを載せたものでした。

日本に比べるとホワイトソースが少なかったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月23日 (火)

’07冬の陣~めりくりでこれ~

P1020637 通常は、夏期間しかオープンしていない

ヴォ・ル・ヴィコント城。

今回は、クリスマスの特別開演中でした。

部屋の中もクリスマス仕様に。

ゴージャスでかわいいデコレーションにうっとりデシタ。

P1020639 暖炉にも火が煌々と。。。

こんな部屋でまったりと

本を読んだり手紙を書いたり

してみたいです。

P1020642 食卓にもホンモノの食材が!

シュークリームのてんこ盛り!!

フルーツもてんこ盛り!!

そして、キャンドルもゴージャス!

夜になったら、キャンドルがつくのかな・・・?

P1020645 そして、一番ゴージャス

だったのは大広間にあった

クリスマスツリー。

5メートル以上は

ありそうでした。P1020650

そして、モールに囲まれた

胸像の面々。。。

ゴージャスな飾り付けでした。ふむふむ。

P1020654 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月22日 (月)

’07冬の陣~ぷちベルばら~

P1020602 今回、パリ郊外に出て

ヴォ・ル・ヴィコント城へ

行ってきました。

ヴォ・ル・ヴィコントはムラン駅から離れたところにあります。

タクシーで10分ぐらい・・・。

P1020605 着くとすでに、家族連れで

並んでいるフランス人が。

その日は「美女と野獣」

(ミュージカルだと思う。。。)を

お城の中で上演するという事で

たくさんの人が並んでいました。

日本人はあまり見かけませんでした。

P1020606 建物の中にはいると、

馬車博物館がありました。

トリノの自動車博物館を思い出す。。。

さらに、中に入っていくと庭園が見えてきました。

P1020613 整理された庭園はまるで

ヴェルサイユ宮殿のよう・・・。

それもそのはず、この庭園を

設計したのはヴェルサイユ宮殿を造った

ル・ノートルが設計しています。

P1020618 当時財政総監だったフーケが

財産の全てをかけて

建てられたお城なのです。

そして、贅を尽くして当時の王であるルイ14世を

招いて祝宴を開いたのでした。

P1020623 しかし、その建物の豪華さ、

食器の贅沢さに腹を立てた

ルイ14世が財産を没収し、

結局フーケは投獄される事に・・・。

P1020624 そして、その後ルイ14世は

そのスタッフをそのまま用いて

ヴェルサイユ宮殿を造ったのでした。

だから、ヴォ・ル・ヴィコント城はヴェルサイユ宮殿の

元になった城だと言っても過言では・・・ないのかな?

(ジシンガナイノカイ・・・)

P1020625 庭は広々と開けていて、

それでいてちゃんと機密に

配置されている庭はまるで

絵画のようでした。

P1020632

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月21日 (日)

’07冬の陣~雨の凱旋門~

P1020583 食事をして、外を出ると

モウすっかり夜になっていました。

日本でも、このようなイルミネーションは

よく見かけるようになりましたが、

P1020585 光の渦といった表現がぴったりな

シャンゼリゼ大通り。

この周りにも一流店が軒を連ね

世界一華やかな通りという表現が

ぴったりデスね。

P1020590 そして、きれいにライトアップされた

凱旋門。

パリには凱旋門が外にもあり、

ホテルの近くにはサン・ドニ門や、サン・マルタン門もありました。

滞在しているときには普通の道からにょっと

飛び出していて一体何の門??

と驚いていたのですが、ルイ14世が建てた凱旋門

だったのでした。

P1020592 でも、規模も知名度もこの

エトワール凱旋門が抜群!

今回は上りませんでしたが、

この凱旋門からの眺めもなかなかすばらしいのです。

P1020598 今回は地上からの眺めです。

シャンゼリゼ通りの奥に見える

観覧車のデコレーションが

とてもきれいですね。

P1020594 雨が降ってきたのでそうそう

引き上げてきてしまいました。

ちょっと残念。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)